日記

ありふれた職業で世界最強7(著:白米良)

2018.06.22

最強として目の前の障害を排除していれば、いずれは大きな流れを作ることになります。

今回は、そんな異世界の常識であるところの亜人族の奴隷、その解放運動に関わるお話です。

シアちゃんの家族である兎人族を鍛えたのは2巻のお話で、描写が少なすぎてこの作品における一番都合のいい展開だと思うわけですが、まあそんな些細なことは気にせず読むのがここまで買ってきた読者の正しい態度です。

そんなわけで、既刊はすべて読むことになりそうです。

, Amazonアソシエイト, ライトノベル