日記

魔術学院を首席で卒業した俺が冒険者を始めるのはそんなにおかしいだろうか(著:いかぽん)

2019.01.05

もう何も言うことはありませんね。

タイトル通りの動機で冒険を始めた主人公は表紙を飾る三人娘と共に各地で人々のお悩みを解決し、時には権力者の陰謀も暴くといった塩梅です。

まだ駆け出しの冒険者ということで、ゴブリンの群れを退治するだとか、ランクを上げるだとか、主人公を侮る愚かな人物が現れるだとか、もう王道のオンパレード、読んでいて何らストレスを感じません。

直前に読んだ『賢者の孫』をアニメ化するならこっちのほうがいいのでは? なんて思いましたけど、一体アニメ化の基準ってなんなんでしょうね。

イラストの良さも相まってヒロインたちがやたら可愛いのは良いポイントだと思います。

, Amazonアソシエイト, ライトノベル