日記

ありふれた職業で世界最強 零1(著:白米良)

2018.07.08

外伝だとか、後日談だとか前日譚なんて出していたら、読者もなんだかよく分からなくなってきたり、本屋でよくある突発性の「今何巻まで買ってるっけ?」病を発症しないとも限りません。

このお話は、本編で主人公たちが攻略している迷宮の創始者たる”解放者”にスポットを当てた前日譚です。

組織の創設とメンバー集め、そして最終的には迷宮を造るに至るまでを描く…のではないかと思われます。

正直、表紙はユエちゃんかと思っていましたが、2巻で本編主人公たちを苦しめたミレディちゃんです。
ミレディちゃんかわいいです。

ぶっちゃけ本編より面白いです。
結局は神に及ばず迷宮の深奥で死を迎えることになる解放者たちですが、この巻で登場したキャラクターだけでもなかなか魅力的だと思いました。

展開は概ね予想通りという感じですが、勧善懲悪が明確でとても読みやすい本でした。

, Amazonアソシエイト, ライトノベル