日記

count.json終了

2015.11.27

週が明けたら終了していました。数を取得しようとすると404が返ってきます。

count.jsoon

そんなわけで代替手段を探していると、OTOTOYの運営をしている会社が代替としてこんなサービスをリリースしているのをみつけました。

不特定多数の検索ワードに対して、TwitterのAPI制限に引っかからずにツイートを取得する方法があるとしたらどんな実装なんだろうと気になるところではあります。

, count.json, Twitter

ツイートボタンの横に吹き出しをつけてみました

2015.11.13

全く関係のないImpress Watchの記事を見ていて、ツイートボタンの横に『リスト』なる吹き出しがついていることに気が付きました。
調べてみると、どうも独自?で入れているようなので……真似してみました。

廃止騒動の時に「カウント数の吹き出しをクリックするとTwitter検索に飛べる機能がなくなるのは不便」という意見があって、これは確かにそうだなと思っていたのですが、注意してみてみると、ほかのサイトでも縦レイアウトに同様の吹き出しを付けていたりするのを発見しました。

複数のソーシャルボタンを並べるのが主流ですから、横の吹き出しならまだしも、縦だとTwitterのボタンだけ不自然になるので、当然といえば当然なのかもしれません。

count.jsonはまだ動いているみたいですが、代替手段とか出るんでしょうかね…?

実際に吹き出しを入れてみると、スマホ表示の時に一列に収まらなくなってしまったので、はてなブックマークボタンを短くしました。

, Twitter

学戦都市アスタリスク 03.鳳凰乱武(著:三屋咲ゆう)

2015.11.10

このサイトを作って、テキトーに本の感想を書いていて思ったのですが、シリーズ物の長編作品について一冊ずつ感想を書くのは結構大変です。
書くことがありません。ほとんど。
いや、アスタリスクの内容が薄いとかそういうことではありません。面白いですよ!アニメも絶賛放送中です。

でも、基本的にネタバレを避けようとすると、書くことがありません。
文学に対する批評というと、文体にみられる傾向だとか作劇の技法だとか、内容へのツッコミを入れたり色々ありそうですが、文系に明るくない私では、あまり深いところまで論じる素養がありません。
面白い!と思っていると粗も気にならなくなってしまうので、難しいところです。

そんなわけで、最近読書をサボっていたら、アスタリスクのアニメがいい感じで追い付いてきたので読みました。3巻です。

新キャラの追加もほどほどに、作中の一大イベントの一つである《鳳凰星武祭》が始まります。各学校の序列上位がこぞって出場するかとおもいきや、そうでもない印象です。試合形式に対する得手不得手があるんでしょうか。

主人公の綾斗たちも順調に勝ち進みますが、神速を誇る彼を縛る制限が公のものとなります。
ウルトラマンだってたまには時限を超えて戦わなくてはならない(実はよく知りませんが……)時があるように、主人公も成長の時…という感じでしょうか。
続巻も期待できると思います。

, Amazonアソシエイト, ライトノベル

英雄教室2(著:新木伸)

2015.10.19

正直、一巻の内容は殆ど覚えていないのですが、あまり問題はありませんでした。

元”勇者”だった主人公が一般人として英雄を養成する学校で”トモダチ”と共に生活するお話です。

こんなにシュールだったっけ?というくらい、展開というかお話の内容がシュールです。最近のアニメでたとえるなら「スペースダンディ」と言ったところでしょうか…。オリジナルアニメーションにみられる、本筋とはあまり関係ない、お遊び回などと雰囲気が似ていると思います。

ヒロインは大食家と化し、5歳と言われた主人公の精神年齢の低下に拍車がかかり、同じく5歳の魔王の娘がトモダチに加わる…カオスです。
国王が主導する教育という名の実戦も過酷なものになっており、物語はより広がっているようなそうでもないような、よくわからない感じでお話は進みます。

そんな、莫大なコストがかかるような教育を施して辿り着く先になにがあるのか、この先はそんなところに期待が持てると思います。

あと、おっぱい最高。

, Amazonアソシエイト, ライトノベル

学戦都市アスタリスク 02.銀綺覚醒(著:三屋咲ゆう)

2015.10.15

2巻です。内外のイベントを順調に消化しつつ、表紙にも描かれている年下のキャラクターをハーレムに加える、そんなお話です。

既視感の強い展開やキャラクターなど、特に真新しい点は皆無と言っても過言ではありませんが、読者の”なにか”を想起させるライトノベル的手法がまあまあ効いていて、結構面白いです。

次巻のカタルシスにも期待しつつ。

, Amazonアソシエイト, ライトノベル

1 25 26 27 28 29 30